交通事故治療におけるポイント

医療機関との併院

症状について

交通事故のケース

​当院について

むちうち症とは?

手術が必要となる大きな怪我の場合は整形外科を受診してください。

​①怪我

痛いのある箇所への湿布や痛み止めの処方を受けてください。

③痛み止め薬

精密検査を受けて、しっかりと身体の状態を把握してください。

②レントゲン・MRI

診断書は、必ず必要になります。痛みのある箇所はしっかり伝えましょう。

④診断書

むち打ちはレントゲンやMRIでは写りませんが大きなダメージがあります|船橋市・習志野市・佐倉市・八千代市の接骨院

むち打ち治療は初期治療が肝心です|船橋市・習志野市・佐倉市・八千代市接骨院

交通事故に遭われた場合、相手様や保険会社とのやりとり等、短期間の間に様々な手続きなどを進めなければなりません。
初めての事も多く、かなりの精神的ストレスを抱えるものだと思います。

そして、そういった中では身体の事よりも、手続きの方へ神経が行きがちになります。

しかし、ふと、冷静になってみてください。

身体のどこか、痛むところや、体調がすぐれないことはありませんか?

もし、首や腰など痛むところがあったり、体調が優れないところがあるようなら、交通事故の衝撃による、「むち打ち症」を引き起こしている可能性があります。

「むち打ち症」はその名の通り、首が衝撃により、ムチのように一時的にしなる事で発生します。首の骨の可動域を超えてしなる事で、捻挫を起こしている状態です。
「むち打ち症」はなるべく早い段階で、治療を始めておく必要があります。
放っておくと、症状は慢性化し、後遺症になるリスクが高まるからです。
なので、早期治療が重要になってくるのです。

骨を骨折した場合を、イメージしてみて下さい。
骨折した骨を固定せず、そのままにしていたら、骨は正常な形で修復される事はありません。
固定をし、適切な処置を施す必要があります。

「むち打ち症」も同じことが言えます。
交通事故の衝撃は大きなもので、骨の位置に歪みが生じてしまったり、それを原因とし、神経へ負担をかけている事があります。
骨折と同様、正しい位置に骨を固定したりと、適切な処置が必要になります。
そうしないと、歪みが生じた状態で固定されてしまい、神経や血管が圧迫されたまま固まってしまいます。
結果、慢性的な痛みの原因、後遺症になってしまうからです。

交通事故に遭い、身体の痛み、めまいや頭痛、吐き気、手足のしびれ、肩や腰の痛み、倦怠感などの体調不良を感じたら、できるだけ早く適切な治療を受けることが大切になってきます。

船橋市・習志野市・佐倉市・八千代市の接骨院では、治療に関する事はもちろんですが、保険の知識もありますので、通院の際はお気軽にご相談してください!

交通事故による「むち打ち症」の慢性的症状を抱えている方は大勢いらっしゃいます。
「むち打ち症」は、目に見える骨折などの外傷とは違い、見た目では分かりづらい症状です。
病院でのレントゲンやMRIでは写らなかったりします。
その為、周囲から理解されにくかったり、また自分自身もついつい軽視してしまう事があります。

痛みは時間が経てば消えるだろうと放っておくと、結果長期の治療が必要になってしまったり、後遺症が残ってしまう可能性がありますので、交通事故後に体の痛みや倦怠感などの不調を感じられたら治療を始めなくてはいけません。

船橋市・習志野市・佐倉市・八千代市の接骨院では、後遺症を残さないよう「むち打ち症」の適正な治療をしっかりと行います。
また、交通事故に特化したスタッフが在籍しておりますし、弁護士とも連携をしておりますので、保険手続きの事もスムーズに対応させて頂きます。

船橋市・習志野市・佐倉市・八千代市で「むち打ち症」でお悩みの方は、接骨院へお越しくださいませ。

後遺症を残さないためのむち打ち症の治療を|船橋市・習志野市・佐倉市・八千代市の接骨院

勝田台総合整骨院に相談
高根木戸接骨院
​に相談